「豊中むげん」に込めた想い

皆様は「むげん」と聞いて何を思い浮かべますか? ∞、無限大、無限ピーマン、劇場版鬼滅の刃のタイトルは「無限列車」でした。「無限」という漢字を使った言葉は日常的にもよく使われています。


今日はスクール名「むげん」に込めた想いをお話させていただきたいと思います。

むげんには、「夢や目標を見つけたり、実現するきっかけとなる場所にしたい!(なってほしい!!)」という想いがあります。


「むげん」を辞書で調べると2種類の単語が出てきます。

1つは冒頭で出てきた

「無限」・・・数量や程度に限界がないこと。またそのさま。

2つ目は

「夢幻」・・・ゆめとまぼろし。また、はかないことのたとえ。「夢幻のこの世」

(goo辞書より引用)


「無限」と「夢幻」

「無限」は、決してなくなることのない、大きな大きなイメージ、一方で「夢幻」には、儚くて、すぐにパッと消えてしまいそうなイメージがあります。2つのむげんは、何か対極にある言葉のように感じてしまいます。

私はこの「むげん」という言葉が、人間(人間というより人生?)を表しているように思うのです。

どんどん希望が満ちあふれてくるときもある、そうかと思えば一瞬にして絶望の淵に立たされたり、、限界がない、ずっと続くと感じていたものが、パッと消えてしまうこともある。人ってそんなことの繰り返しだなあと思います。そんな「無限と夢幻」に出会いながらも、

夢や目標を見つけたり、実現したり、、略して「夢現(むげん)」に向かっていく場所になってほしいなあという想いがあります。

夢や目標は決して儚く散るものではない。今できないことでも、追いかけることで大きく大きく可能性は広がっていく。

私はそう信じています。


「むげん」という名前、友人からは「ラーメン屋さんに間違われない?」と心配されましたが(確かにありそう。とんこつベースっぽいですね。)

「むげん」という小さなフリースクールが、この場所を必要としてくれる方の「夢現」のきっかけとなりますように!

フリースクール豊中むげん

豊中むげんは大阪府豊中市の少人数制フリースクールです。 文部科学省が示す「民間施設についてのガイドライン(試案)」に基づいて運営しています。 体調不良やその他の理由から学校を欠席されている中学生の生徒さんを対象とした学習室です。